一般的なタバコと加熱式タバコの違い

タバコといえば、これまでは健康に大きな問題があるとされていました。
これにはタバコの楽しみ方が原因の一つになっていました。
一般的なタバコは、タバコの先端を火で燃焼し、その時に発生する煙を吸い込みます。
そこに含まれるニコチンの他、燃焼による一酸化窒素などの有害物質も体に入るとされていました。
一般的なタバコは、吸っている人だけでなく周りの人にも健康被害を与えるため、受動喫煙禁止の条例などによって喫煙場所が制限されるようになりました。
タバコを吸う人には肩身の狭い世界になってきましたが、最近ある商品が注目されています。
それが加熱式タバコです。
見た目は一般のタバコとあまり変わりません。
こちらは、タバコの葉を加熱する機械を先端に取付け、ニコチンなどの成分を含む水蒸気を吸い込みます。
一般的なタバコのように燃焼による有害物質が出ないため、取り扱いをどうするかいろいろ議論があるようです。
ニコチンは有害でそれが出ているのは事実なので、一般のタバコのようにしばらくは取り扱われるようです。

最新記事